腎臓病食事の宅配食おすすめランキング

マカロン
ナポレオン
HOME => 慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明確に改善する事は少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。

市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生のままの野菜や果物と比較すると大概はカリウム含有量が非常に高いです。沿ういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。

日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、メニューに関するアイデアや、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

低たんぱく食事療法については、栄養士の指導で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

CKDの治療には薬物治療と食事療法は必須なのです。

たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。

食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。蛋白量に関する食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それに必要な紹介や説明もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。

24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。

24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解する事ができるでしょう。腎臓病時の食事療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。

食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康状態の維持になります。

透析の要らない保存期のうちは、食事療法によって腎不全が進行しないようにできるでしょうし、透析を要する時期を極力遅くできるでしょう。更に言えば、透析開始後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、栄養が足りないなどという意見で、実施に及ばない方も多々見かけます。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を造る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。

茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理を行なう際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。

ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできるでしょう。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できるでしょう。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質は分解されると7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。

この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。

体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

近頃、腎臓病の方が増加傾向にあることが問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。

おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。

例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個分と同程度のたんぱく質がふくまれているワケです。

食事をもとにして得たたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。

血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。

たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓にもたらす負担が増加します。

正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。

しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、不足しないように補給する必要があります。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 腎臓病食事の宅配食おすすめランキング All Rights Reserved.