腎臓病食事の宅配食おすすめランキング

マカロン
ナポレオン
HOME => 近頃、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、

近頃、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌

近頃、腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)の方が増えていることが問題となっていますよね。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、私立ちの体にとって大切なはたらきをしています。 腎臓に関する治療は病院に行ってそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日常的に健康的な生活を意識する事が重要になります。

CKD治療の柱は薬物治療と食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食は高血圧(血圧が正常の範囲より高い状態が続くことをいいます)治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。

CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方持たくさん見られます。日々の食事で得立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。

血液は腎臓に流れて分離された末、無駄な老廃物は尿を出す際にいっしょに排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らない理由にはいけません。

体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。

糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。

この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日換算で約30g〜40gです。

毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、具体的な献立の工夫や、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。

低たんぱく食事療法次第で腎不全の進行をスローペースにし、透析を要する時期を極力遅くできます。

更に言えば、透析開始後も、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、食事療法は重要視されます。

肉・魚・卵・豆腐に関してはナカナカのたんぱく質がふくまれていますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物の場合でも意外な事に多量のたんぱく質が入っています。

おやつには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超え立たんぱく質を摂取する事になります。

例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個に近いたんぱく質が入っています。

たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

蛋白量に関する食事療法になり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。

食事療法の趣意は、なるべく腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)を悪化させない事と、現在の健康状態のキープです。

透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算する事によって、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、使用する食品の種類や調理の際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。

数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。

小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、それだけ効力は発揮されます。

腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)を発症した方のおこなう食事療法については、栄養士の指導で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。仮に開業医さんに食事指導を受け付けてもらえなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。慢性腎臓病(腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ−ゼ症候群などが代表的でしょう)の場合、腎機能が元の状態に回復する事はほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、カリウム摂取を減らす必要があります。

野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮した状態になっているので、生の野菜や生の果物と違ってふくまれているカリウムが、間違いなく多量です。そのため、腎機能障害のある患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 腎臓病食事の宅配食おすすめランキング All Rights Reserved.