腎臓病食事の宅配食おすすめランキング

マカロン
ナポレオン
HOME => 腎臓病を患った方が行うご飯療法のポイントは

腎臓病を患った方が行うご飯療法のポイントは、腎

腎臓病を患った方が行うご飯療法のポイントは、腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になります。

透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法を基に腎不全の進行ペースを抑えられ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。

また、透析導入後も、体調を保ちながら安定して透析を続けていくために、ご飯療法は重要視されます。

慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明確に改善することは少ないですから、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つためにカリウム摂取を減らす必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生のままの野菜や果物と比較すると大概はカリウム含有量が非常に高いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。CKD治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の柱は薬物治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)とご飯療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。

ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧において治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)をしやすくし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。

CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方がたくさんいます。日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。

たとえば低たんぱくご飯療法の場合、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)用の特殊食品を使いますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。

具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。

一日における排泄物を検査し計算をします。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまうのですし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。

甘いものには意外に多量のたんぱく質が入っています。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。

例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個相当のたんぱく質が含有されています。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担を与えてしまうのです。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。

体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日換算で約30g〜40gです。

ご飯を基にして得立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、残った老廃物は尿と伴に体外へ出されます。

過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓に悪影響を出します。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、適切な量は摂取する必要があります。

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。

背中に二つ存在する腎臓で尿が創られ体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を造り出したり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓に関する治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は病院に行ってそれに応じた治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)をうけることが望ましいですが、毎日のご飯や生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)習慣を改めることの方が大切です。 現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。

標準体重を約60kgと仮定すると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。

食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で捜してみて参考にするとよいでしょう。ご飯療法については、栄養士に教えてもらいながら自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。

開業医さんでご飯指導をうけられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。

一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 腎臓病食事の宅配食おすすめランキング All Rights Reserved.