腎臓病食事の宅配食おすすめランキング

マカロン
ナポレオン
HOME => 日常の食生活において何をどのくらい摂

日常の食生活において何をどのくらい摂取

日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、また献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。

低たんぱくご飯療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。

一日における排泄物を検査し計算をします。

尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。

カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。

茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。

例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。

小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、搾るようにすると、より多く除去できます。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。

糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。

ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30〜40gとなります。

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。

60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的に応用したご飯をつくることも可能です。

仮に開業医さんにご飯指導を受け付けて貰えなかったら、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。

腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、良好な体調の存続です。

透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法を試みる事で腎不全への進行を遅らせることができ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。この他、透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、ご飯療法は必要不可欠です。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。

甘いものには意外にたんぱく質が多く入っているのです。

お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。

たとえば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が含まれます。

近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創りはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓の治療はもちろん病院にきてそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大切です。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。

野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や果物と比べてそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。

そのため、腎機能障害のある患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる畏れがあるのです。

ご飯を元にして得立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。

血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。

腎機能を正常に保つために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があるのです。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、全く摂らないりゆうにはいけません。

CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、前むきにこれらの管理を行う事によりCKDの悪化を抑制できます。ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 腎臓病食事の宅配食おすすめランキング All Rights Reserved.