腎臓病食事の宅配食おすすめランキング

マカロン
ナポレオン
HOME => 腎臓病の食事療法は減塩・蛋白制限がメ

腎臓病の食事療法は減塩・蛋白制限

腎臓病の食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施に及ばない方も多々見かけます。

食事で摂取したたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。

たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。正常な腎機能であるために、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の摂取量を調整する必要が出てきます。とは言っても、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)であるため、不足しないように補給する必要があります。

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿をつくる臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在しはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、たいへん重要なはたらきを私たちの体の中で行っています。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切でしょうが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。

標準体重を約60kgと仮定すると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。例えば、食品にふくまれる蛋白の量をしりたいときは食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

このような食事療法は大きな意味をもちます。

肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)が多くふくまれており、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘いものと言えど思った以上に多量のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)が入っています。

おやつの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、必要以上にたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)を摂取してしまいます。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個相当のたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)が含有されています。

一日の食事の種類や量についてや、また献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法を手掛ける事で腎不全への進行を遅らせることができ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。

また、透析導入後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大事です。

そのための食事療法の目的は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康状態の維持になるでしょう。

透析の要らない保存期のうちは、食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらについての情報の提供や指導もしていきます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。

24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することにより、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)や食塩の摂取量を分析できます。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。

市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、加工していない生の野菜や果物よりも大概はカリウム含有量が非常に高いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。

開業医さんで食事指導をうけられないときは、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。

体における3大栄養素(ビタミンやミネラル、脂質も健康を保つためには、必要不可欠です)に糖質・たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)については性質上分解されると7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負担がかかります。

この事から、たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の摂取量には注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)する必要があります。体内機能を存続するためのたんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)の最低摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で現すと30〜40g程になるでしょう。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。

茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、その種類や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。

小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、搾るようにすると、より多く除去できます。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 腎臓病食事の宅配食おすすめランキング All Rights Reserved.